ハト駆除はハトの習性を知って行おう

ハト駆除はハトの習性を知って行おう

ハト駆除はハトの習性を知って行おう ハトは日本国内においてどこでも見かける鳥です。たまに見ると愛嬌もあり可愛いのですが、マンション等においては非常にやっかいな問題となります。
ハトの害としまして最も問題なのが大量の糞です。
異臭や病原菌、ダニ発生の要因となります。ハト駆除や対策をおこなう事も重要ですが、ここではハトの習性について説明します。
ハトは周りを見渡せる安全な場所を好みます。地上から高いマンションなどを格好の休憩所や産卵所とするのはその為です。1度気に入りますと、なかなかその場所から離れなくなります。
ハトは学習能力が高いうえ、非常に執念深い鳥と言えます。また、食欲は非常に旺盛ですので、糞の量も他の鳥に比べ量が多くなります。
ハト駆除には専門の駆除業者もありますが、簡単に行える対策としてはネットや防鳥ワイヤーを設置する事や手すり等はハトがとまれない様に粘着剤を塗っておくなどがあります。
ネット等設置しても諦めずに侵入を試みるケースもありますのでこまめにチェックする事が重要です。ハトが近くにいる場合は、その場所を諦めていない状態と言えます。
あまりにもハトの数が多くどうしようもない場合は専門の駆除業者へ相談される事をおすすめします。

ハト駆除とハトの害について

ハト駆除とハトの害について ハトは、マンションのベランダなどに糞をまき散らしたり、あるいは鳴き声がうるさかったりするなどの害をもたらすため駆除の対象になる場合が少なくありません。
特に糞に関しては、見た目がキレイでないということはもちろんのこと、悪臭や衛生面での問題も深刻です。
衛生面での問題としては、ダニ・ゴキブリの発生源になることや、寄生虫・病原菌・ウイルスを媒介してしまうこと、そしてアレルギー物質の原因になってしまうことなどが挙げられます。
糞によって媒介された病原菌やウイルスによって起こりうる病気としては、「クリプトコックス症」や「ニューカッスル病」、そして「トキソプラズマ症」などがあります。
ただし、これはあくまでも病原菌等を媒介する可能性があるということであって、ハトの糞があることで直ちに健康被害が起こるということではありませんが、放置しておくのは衛生上良くないということは言えるでしょう。
ハト駆除の方法にはいくつか方法がありますが、代表的なものとしては、ハトが最初にとまるベランダの手すりなどの上に糸を張ってとまらせないようにする「テグス張り」が挙げられます。
そして、もっと専門的なハト駆除の方法としては、「防鳥ワイヤー」や「忌避剤の塗布」などがあります。
またハトには、執着度が高いということや、糞のある場所に集まるという習性があるため、早期に対応(その場所に執着する前に対応)することや、糞の掃除をこまめに行うことなども重要です。

ハトの駆除に関するお役立ちリンク

害虫・害鳥・害獣の追い出し、清掃、侵入防止を行う業者のサイト

ハト駆除 豊橋市